従来のうつ病とは違う?【新型うつ病とは何か】

患者増加中の病気

人形

若い人に増えている病気

新型うつ病は、若い年代の人に増えている新しいタイプのうつ病です。どうしてこの年代の人に増えているのかといえば、ストレスに対する過剰な反応が大きく影響しています。そうなると、原因を保留にしたり、自分以外のものに転換したりします。例えば、仕事で自分が失敗したことを人に責められると、「自分のせいじゃない」や「責めるからうつ病になった」などという反応を示すようになります。この反応は、ストレスを真正面からとらえられないようにしたいからです。誰かのせいにすることで、精神の負荷を感じないようにする行動に出てしまいます。また、過食や過眠なども起こりやすくなります。よく食べて寝るのなら問題ないのではと思うかもしれませんが、これは、ストレスをごまかすために起こります。簡単にいえば現実逃避です。そうすることで、自分の精神を保とうとするのです。このような症状は、比較的に20代や30代の人の多くて、社会問題になりつつあります。

周りが気付いてあげよう

新型うつ病は、一見「気分屋」や「自分に甘い人」と思ってしまうかもしれません。そのため、中にはその人から離れてしまう家族や友人もいるでしょう。しかし、この病気は気付いてあげることと理解してあげることが大事です。ですから、「最近様子が変わったな」とか「性格が変わったかも」と思ったら新型うつ病を疑ってみてください。そして、本人の話を聞いてあげましょう。そうするだけでも、新型うつ病を抱えている人は気分転換になって症状が良くなります。

To Top