従来のうつ病とは違う?【新型うつ病とは何か】

予防対策について

男女

予防することが大事

新型うつ病は、従来のうつ病と同じで誰でもなりえる病気です。また、この病気はまだ認知度が低くて理解されにくい病気ですから予防することが大事になってきます。「自分は新型うつ病にならない」と過信している人も、ふとしたきっかけでなる可能性はあるので日頃から意識して予防対策するようにしましょう。

どんな方法があるのか

新型うつ病の予防対策は、軽い運動、規則正しい生活、行動記録、心理療法、瞑想があります。軽い運動は、自律神経の乱れを防げます。新型うつ病の人は、自律神経が乱れていることで発症するといわれています。そのため、軽い有酸素運動を行なうことで神経成長ホルモンやセロトニンの分泌が増えていきます。これらの分泌を増やすことで、気分を安定させられるようになります。規則正しい生活は、食事の時間や睡眠時間のタイミングが不規則だと体内リズムが狂ってしまうので、正しく過ごせるように意識して生活を送るようにします。どのような生活かといえば、朝に日光を浴びる、三食ちゃんと食事して腹時計を正常にする、夜の12時までに寝るようにするといったことです。これらを続けることで、体の状態が整っていきます。行動記録は、自分の体を客観的な視点で見るために30分単位または1時間単位で記録していきます。そうすることで、自分が普段どういった行動しているのか見直せます。また、記録した些細なことで契機となって生活習慣を改善することにも繋がります。心理療法は、新型うつ病の人に多い対人関係のトラブルなどを起こさないようにできます。これは、専門のカウンセラーに悩みを聞いてもらったり、分析して自分の性格や対人関係を改善したりする効果的な療法になります。最後の瞑想は、自分の感情と行動の関係性を客観視して自分が本来行なうべき行動を見つけられるようになります。そうすることで、新型うつ病の発症を予防できます。意識してこれらの対策を試すようにすれば、新型うつ病の発症は予防できるのでぜひ試してみてください。

To Top